ともブログ

Tomoblog

~日々頑張る受験生に役立つ情報をGIVEするブログ~

地方国公立、日東駒専について ~現実~  [大学受験]

 

こんにちは!

 

ともです。

 

                            ~今回のラインナップはこんな感じになっています~

 

                       読んで後悔はさせないので、是非、最後まで見てみてください!

 

1.はじめに(地方国公立、日東駒専について)

背景 自然

 

今回のテーマは、

 

地方国公立、日東駒専産近甲龍クラスの私大

 

大学受験

 

です!

 

この辺は、受験生が殺到するボリュームゾーンになってくるところですよね!

 

今回は、そんな、地方国公立、日東駒専産近甲龍クラスの私大をテーマにして、受験生に知っておいてほしいことを話していこうと思います。

 

この記事をオススメする受験生はこんなひと

 

今、

 

僕のブログを読んでくれている受験生のあなた、

 

こんなことを思っていませんか?

 

「地方国公立は、5教科全科目勉強しなきゃいけないけど、その代わり、共通テストで、5~7割くらい得点すれば合格できるから、高得点を取る必要がなく、そんなに難しくない」

とか、

「私大で、日東駒専とか産近甲龍クラスだと、3科目をそれなりに勉强すれば合格できる訳だから、そんなに難しくない」

 

なんて、

 

その気持ち分かります!

 

実際に、僕もそう思っていました(笑)

 

今日は、そんなあなたに向けた話になります。

 

~きっと、この記事を読んだあと、

          あなたのそのような悩みは少しでも解消できていると思います~

 

この記事の根拠

 

僕は、偏差値60くらいの地方の公立高校から、現役で地方国公立、日東駒専クラスの私大に現役合格できた者です。

なので、ある程度、受験における情報、受験生の気持ちを分かっていると思います!

 

2.本題(地方国公立、日東駒専について)

背景 机

 

さっそくですが、結論から話します!

 

結論(普通に難しい)

ズバリ、

 

地方国公立、日東駒専産近甲龍クラスの私大に受かることは、普通に難しいです!

高校の偏差値でいうと、最低でも、60はないと落ちる可能性が高いです!

 

厳しいことを話しましたが、決して、嘘ではないので、この理由を分かりやすく説明していこうと思います。

 

結論の理由(数字)

なぜ、地方国公立、日東駒専産近甲龍クラスの私大に入るのが、難しいのかというと。

 

はっきりいうと、

 

数字

 

です!

 

大体ですが、

 

この辺の大学に入れるのは、同世代の中で、

 

上位、15~25%

 

に入らないといけないからです!

 

この割合の根拠は、

 

まず、

 

総務省の調べによると、

 

20歳を迎える総人口は、約1250000人(125万人)います。

 

その中で、センター試験を受けたものは、約546000人(54万6千人)になります。

割合でいうと、約半分になります。

 

その中で、地方国公立、日東駒専産近甲龍クラスの私大の学生数は、

 

約、30万人になります。

 

このことから、単純計算にはなりますが、

 

30万人(地方国公立、日東駒専産近甲龍クラスの私大)÷125万人(20歳の全人口)=24%

 

驚く 受験

 

ここで、上位24%に入らなければいけないということが分かったと思います。

 

全国の高校生の中で、上位24%は、

 

偏差値でいうと、

 

60です!

 

だから、偏差値が最低でも60はないといけないという計算になります。

 

                     ~このことが、以前説明したこの記事にも繋がるんです!~

 

tomobird7.hatenablog.com

 

~他にも、こういった記事にも関連があります

                     よかったら、ぜひ、見てみてください~

 

tomobird7.hatenablog.com

tomobird7.hatenablog.com

tomobird7.hatenablog.com

 

 

高校の偏差値が60ある受験生が、上位24%に入るのがやっとになって、

高校の偏差値ー10 の大学に進学することになるんです!

(だって、地方国公立、日東駒専産近甲龍クラスの私大は、大体ですが、偏差値でいうと、50くらいですよね!)

 

だから、決して、この辺の大学に入るのは簡単ではないです。

 

もっと、イメージしやすくすると、

 

同世代、100人中

 

25人

 

しか、この辺の大学には進学できないということになります!

 

また、このことにより、

 

MARCH、早慶、旧帝などの、難関大学に進学するには、

 

最低でも、高校の偏差値でいうと、

 

65

 

はないと、厳しいということになります。

 

もちろん、高校の偏差値だけでは、一概には、言い切れませんが、

 

大体はこんな感じなのが、大学受験の現実だと思います!

 

受験生のあなたに一番伝えたいこと(舐めるのは危険感かも)

僕は、

 

決して、この記事で、

 

受験生のやる気をくじきたいわけではなくて、

 

この現実があることを知って、

 

地方国公立、日東駒専産近甲龍

 

に入るのでさえ、

 

簡単ではないという意思をもって、

 

受験に望んでほしいんです! 

 

もっというと、

 

この辺の大学を舐めないでほしいです!

 

なぜなら、多くの受験生が、この事実を知らずに、

 

大学受験に臨み、痛い目を見ていると思うからです!

 

決して、この辺の大学は滑り止めではないと思います。

 

素直に、同世代の中で、上位25%に入っている訳だから、すごいことだと思うんです!

 

(僕の高校では、この事実を分かっていない人が多くて、この辺の大学を滑り止めと捉えていた人が多く、結果、滑り止まらず、無名の大学に進学することになる人が、ザラにいました)

 

まとめ(地方国公立、日東駒専産近甲龍に受かるのは普通に難しい)

地方国公立、日東駒専産近甲龍クラスの私大に受かるのは、普通に難しい。

 

なぜなら、同世代の中で、上位25%に入らないといけないから。

高校の偏差値でいうと、60

 

なので、この辺の大学は簡単に受かるところではないので、滑り止めだとか舐めたりはせずに、日々の勉强を頑張るのが一番

 

 自信

 

3.おわりに

背景 海

 

いかがだったでしょうか?

少しでも受験生の力になれていたら幸いです。

 

こんな感じで当ブログでは、大学受験生のあなたに役立つ情報を徹底的にGIVEしていきます!

毎日、投稿をしていますので、 受験勉強の合間でも軽く読んでいただけたら嬉しいです!

 

また、何か、個別的な質問、相談も気軽にOKです!

TwitterのDM、お問い合わせフォームをご遠慮なくご利用ください!

 

       ~みんなで第一志望校合格を勝ち取りましょう!~

 

最後に、ブログの読者登録、Twitterのフォローよろしくお願いします!

SNSでのシェア、コメントも待ってます!

 

みなさんの応援が僕の日々の力になります!(^^)!

 

今日は、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

今後とも、ともブログをよろしくお願いします!