ともブログ

Tomoblog

~日々頑張る受験生に役立つ情報をGIVEするブログ~

化学について [勉強法] ~無機化学編~

こんにちは!

 

ともです。

 

      ~今回のラインナップはこんな感じになっています~

 

    読んで後悔はさせないので、  是非、最後まで見てみてください!

 

背景 自然

 

1.はじめに

今回は、

 

無機化学

 

大学受験 理科 化学

 

について、

 

話していこうと思います!

 

無機化学は、理系科目の化学にしては、珍しく、暗記の要素が強いですよね!

 

今日は、そんな、無機化学について話していこうと思います。

 

 

~ここに、化学に関連するほかの記事をはっておきます

                     よかったら、ぜひ、見てみてください~

 

tomobird7.hatenablog.com

 

tomobird7.hatenablog.com

 

tomobird7.hatenablog.com

 

tomobird7.hatenablog.com

 

tomobird7.hatenablog.com

 

 

この記事をオススメする人

今、

 

僕のブログを読んでくださっている

 

受験生のそこのあなた

 

こんなことを思ったことはありませんか?

 

無機化学って、どう勉強すればいいの、、、?

とか

無機化学って、そもそも、なに?

 

その気持ち分かります!実際に、僕もそう思っていました(笑)

 

今日は、そんなあなたに向けた話になります。

 

~きっと、この記事を読んだあと、

          あなたのそのような悩みは少しでも解消できていると思います~

 

この記事の根拠

僕は、偏差値60くらいの地方の公立高校から、現役で地方国公立、日東駒専クラスの私大に現役合格できた者です。

なので、ある程度、受験における情報、受験生の気持ちを分かっていると思います!

 

2.本題

さっそくですが、

 

結論から、先に言ってしまいます!

結論

ズバリ、、、

 

暗記です!

 

ホント、教科書の隅々まで、暗記してほしいです!

 

はい、もう、一言で片付けられちゃうものになっています。

 

しかし、これだけだと、受験生の役に立てないと思うので、

 

                              ~ここから、さらに、深堀りしていきます~

 

背景 本棚

 

暗記しなければいけないもの(さいてい、これだけはおさえとこう!)

 

1.周期表原子番号:1~36、38,47,48,50,53,54,56,74,78,79,80,82)

2.工業的製法(オストワルト法、ハーバーボッシュ法、接触法、アンモニアソーダ法、など)

3.化学式、化学反応式(最低でも、教科書にでてくるものは)

4.それぞれの元素、原子、分子、気体の性質(色、製法、同素体、溶けるか溶けないか、空気と比べて重いか軽いか)

5.炎色反応(それぞれの色)

6.定性分析法(これは、受験でよく問題のネタにされます)

7.錯イオン(それぞれの形、色)

8.教科書の太字、プラスα重要語句(語句の穴埋め問題は、絶対に落とせないため)

 

と、、、

 

こんな感じですね!

 

無機化学をどう勉强していけばいいのか分からない方は、
まず、これら計8つの項目を覚えるといいと思います!

 

これらは、受験化学の世界で、よく問題のネタにされるところです!

 

~特に、6の定性分析法に関しては、

              僕が実際に受験した 計3つの大学のうち、2つの大学で試験本番に出ました~

 

受験生のあなたに一番伝えたいこと

無機化学は、ほんと、覚えるの大変ですよね!
僕も受験生時代、大変でした、、、

 

でも、考えてみてください

 

覚えちゃえば、こっちのもんです!(笑)

 

だから、覚えちゃいましょう!

 

~みんな、覚えるのは大変です

        あなただけではないので、安心してください ~

 

覚えていると得点できて、覚えていないと得点できないのが、

無機化学のいいところであり、コワイところですよね。

 

無機化学の問題で、落としちゃうと、

ほかの受験生に簡単に差をつけられてしまうので、結構、リスキーだったりします。

 

無機化学、暗記、がんばってください!陰ながら応援しています!

 

まとめ

無機化学は、

 

暗記

 

とくに、重要な項目は、、、

 

1.周期表原子番号:1~36、38,47,48,50,53,54,56,74,78,79,80,82)

2.工業的製法(オストワルト法、ハーバーボッシュ法、接触法、アンモニアソーダ法、など)

3.化学式、化学反応式(最低でも、教科書にでてくるものは)

4.それぞれの元素、原子、分子、気体の性質(色、製法、同素体、溶けるか溶けないか、空気と比べて重いか軽いか)

5.炎色反応(それぞれの色)

6.定性分析法(これは、受験でよく問題のネタにされます)

7.錯イオン(それぞれの形、色)

8.教科書の太字、プラスα重要語句(語句の穴埋め問題は、絶対に落とせないため)

 

3.おわりに

背景 夜

 

いかがだったでしょうか?

少しでも受験生の力になれていたら幸いです。

 

こんな感じで当ブログでは、大学受験生のあなたに役立つ情報を徹底的にGIVEしていきます!

基本的に、毎日夜7時に投稿していますので、 受験勉強の合間でも軽く読んでいただけたら嬉しいです!

 

また、何か、個別的な質問、相談も気軽にOKです!

TwitterのDM、お問い合わせフォームをご遠慮なくご利用ください!

 

        ~みんなで第一志望校合格を勝ち取りましょう!~

 

最後に、ブログの読者登録、Twitterのフォローよろしくお願いします!

SNSでのシェア、コメントも待ってます!

 

みなさんの応援が僕の日々の力になります!(^^)!

 

今日は、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

今後とも、ともブログをよろしくお願いします!